初心者でも安心して仮想通貨に投資するための心構え 基本は長期ホールドで!




私は昨年の12月から仮想通貨に参入した超初心者です。

その前には株式への投資を3年ほどしていたので、投資の経験自体はそこそこあります。
今回は初めて仮想通貨への投資を行う場合に知っておいた方がいいことをまとめてみました。

一度買ったら基本はホールドで!短期売買は行わない

まず、私の投資スタイルは一度購入したらよっぽどのことがない限りは長期ホールドです。
株式もリスクの高い信用取引は行わず、現物のみだったので一つの銘柄につき最低でも1年は保持していました。

仮想通貨の場合、株式と違って価格の変動が非常に大きいです。
ビットコインだと先月の29日には1BTC=150万円ほどだったのが、昨日には一時200万円まで高騰していました。

そのため価格の変動だけで売買を繰り返すと、一日に何度も売買手数料を支払わなくてはならなくなってしまいます。
トレーダーのような投資で生活している方は別ですが、お小遣いレベルでコツコツ購入している私のような一般の人はホールドが基本です。

また、仮想通貨で得た利益にも税金がかかります
現段階では譲渡益(キャピタルゲイン)に対しては所得税が課税されることになるため、短期売買だと実際に得た利益は総額でいくらだったのかの計算が面倒なことになります。

仮想通貨の入手は取引所から マイニングはアルトコインなら可能性あり

仮想通貨を入手する最もメジャーな方法は、取引所にアカウントを開設してそこから購入することです。
他にもマイニングと呼ばれる手法で入手することができますが、これは仮想通貨にある程度慣れてから参入した方が安全です。

マイニングとは…
ビットコインは全ての取引記録を一定期間ごとに取引台帳に追記します。
その追記作業にはネットワークに分散されて保存されている取引データの整合性を取る必要があり、それにはコンピューターによる膨大な計算量を要します。
そこでビットコインでは有志によるコンピューターからリソースを借りて計算を行います。
結果として、追記作業を成功させた人に見返りとしてビットコインが支払われ、通貨の新規発行が行われます。
この新規発行のことを採掘(マイニング)と呼びます。

ビットコインにおいては、すでに高価なパソコンやデータセンターを運用できるマイニング業者がそのほとんどを占めており、個人で採掘を行うのは難しい状況になっています。

アルトコインと呼ばれるマイナーな通貨であれば、個人のパソコンでもマイニングできる可能性があります。
仮想通貨の仕組みをある程度理解していて、パソコンにも投資ができる環境ならチャレンジしてみても良いかもしれません。

私はマイニングにパソコンのリソースを使ってしまうと仕事が進まなくなるので、全て取引所からの購入に留めています。
取引所はビットフライヤーコインチェックをメインに、最近はZaifにも登録しました。

仮想通貨について解説した本は読んでおこう

仮想通貨へ正しく投資を行うためには、ブロックチェーンに対する理解も必要です。

ブロックチェーンを解説した書籍はいくつかありますが、従来のシステムとは異なる仕組みのため文章だけではなく図解で説明している本を読んでおくことをお勧めします。

私が読んだ中で良いなと思ったのはこちら。
60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線です。

60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線
技術評論社 (2017-06-17)
売り上げランキング: 1,656

全てのページはフルカラーで、かつ図解を用いて解説してくれているので金融やシステムにあまり詳しくない方でも分かりやすいです。
薄い本ですがボリュームはそこそこあるので、題名のように60分では厳しいかな?と思いますが…。

もう一冊は、最近話題になっているこちらの一冊。
お金2.0 新しい経済のルールと生き方です。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
幻冬舎 (2017-11-29)
売り上げランキング: 20

この本は仮想通貨そのものを解説した内容ではありませんが、従来型の資本主義経済からテクノロジーの進化によって生まれた新たな経済の可能性について分かりやすくまとめられた良書です。

仮想通貨に関する書籍は、今後も随時ご紹介していきます。

仮想通貨を始めるなら最初に開設したいビットフライヤー 登録の手順はこちら!

ビットフライヤー(bitFlyer)アカウント開設手順 最初に登録したい国内取引所です!

2017.12.25