コインチェックの二段階認証は必須!設定すると30,000Satoshiがもらえます




仮想通貨の取引を行う前に必ず行っておきたいのが、取引所ログインの二段階認証です。
今回はコインチェックの2段階認証を設定する手順についてご紹介します。

現在コインチェックではキャンペーンを行っていて、二段階認証を設定するともれなく30,000Satoshi(0.0003BTC)がもらえます!

>>簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

Google Authenticatorアプリをダウンロード

コインチェックでは、セキュリティ認証のためGoogleが提供している認証アプリのGoogle Authenticatorを採用しています。

自分で設定したパスワードと、Google Authenticatorから発行されるセキュリティーコードの2つをログインに用いることで、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止するものです。

Google Authenticatorは最初にダウンロードしておきましょう。

AppStoreで入手
Get it on Google Play

二段階認証の設定はスマホアプリからがおすすめ

二段階認証の設定は、コインチェックのスマホアプリから設定するのが簡単でオススメです。
コインチェックを起動してメニューから設定を開くと、SECURITYに二段階認証設定の項目がありますのでこちらをタップします。

すると「1.二段階認証アプリから、二段階認証設定を行ってください。QRコードを利用しての登録も可能です。」と表示されます。
ここでは認証アプリを起動をタップします。

スマホにGoogle Authenticatorがインストールされていれば、自動的に起動してコインチェックに登録してあるトークンを追加するかどうかの画面が表示されます。

問題なければ、はいをタップします。

正しく追加が行われると、認証システムの画面でコインチェック専用のセキュリティーコード6桁が表示されるようになります。
このコードは一定期間で新しいものに切り替わり、有効時間は右の時計アイコンで確認できます。

セキュリティーコードを確認したらコインチェックのアプリに戻り、「2.二段階認証で生成された六桁の数字を入力して下さい。」の下に入力し、認証するをタップします。

二段階認証の設定はこれで完了です。

設定後のログイン方法

設定が完了したら、コインチェックのアプリからログアウトして二段階認証を行ってみましょう。
最初のログイン画面では、自分で設定したアカウント情報でログインを行います。

すると二段階認証画面に切り替わるので、Google Authenticatorに表示されているセキュリティーコードを見てその数字を入力します。
コードが正しければ管理画面に入ることができるようになります。

スマホで仮想通貨取引を行う場合、機種の紛失に備えてスマホ自身にも指紋認証やパスコードでセキュリティをかけておくことをおすすめします。

二段階認証の設定完了で30,000Satoshiがもらえる!

管理画面にログインしたら、総資産を見てみましょう。
ビットコインのところに0.0003BTC(30,000Satoshi)がプラスされているのが分かると思います。

0.0003BTCは約550円相当(2018年1月11日現在)なので、二段階認証を行うだけでもらえるのはなかなかおトクです。
セキュリティ強化のためにも、早めの登録が良いですよ。

コインチェックのアカウント開設がまだの方はこちらもどうぞ!

コインチェックのアカウント開設手順まとめ 本人確認がスピーディーでオススメの取引所!

2018.01.09